遺言とは

遺言について

 遺言とは、普通方式(自筆証書・公正証書・秘密証書)又は特別方式(危急時・隔絶地)に従ってされる単独の意思表示であり、遺言する人の死後の法律関係を定めたり残された方に思いを繋ぐ最終の意思表示の方法でもあります。

 遺言の制度を認めることで、人は遺言により、生前だけでなく、その死後にも自己の財産を自由に処分できることになります。(遺言自由の原則)

 高齢化社会が進む現代において、例えば認知症になってしまった場合や万が一事故などにあった場合に、財産の管理をどのように行ってもらいたいか、誰に何を引き継いでもらいたいか、幼いお子様がたった一人残されてしまうのではないかなど…不安をお持ちの方も多いかもしれません。

 この度の民法大改正またはそれに付随して、自筆証書遺言における財産目録の作成方法が緩和されたことや遺言書の保管制度が設定されるなど、制度自体も皆様が利用し易くなるよう改正されてきていますので、将来の備えとして一つの有効な手段になるのではないでしょうか。