CATEGORY

相続・遺言関連

    公正証書遺言

    公正証書遺言について 公正証書遺言に関する民法条文は以下のとおりです。 第969条 公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。 一   証人二人以上の立会いがあること。 二  遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。 三  公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及 […]

      配偶者居住権

      配偶者居住権について 民法における相続法分野については、長年にわたり大きな見直しはされてきませんでしたが、平均寿命が伸びてきていることや少子高齢化が進んできたこと等の影響により、相続を取り巻く社会経済情勢が大きく変化してきた状況を踏まえ、この度大きな見直しがされました。 その見直しの大きな特徴の一つ […]

        遺言とは

        遺言について  遺言とは、普通方式(自筆証書・公正証書・秘密証書)又は特別方式(危急時・隔絶地)に従ってされる単独の意思表示であり、遺言する人の死後の法律関係を定めたり残された方に思いを繋ぐ最終の意思表示の方法でもあります。  遺言の制度を認めることで、人は遺言により、生前だけでなく、その死後にも自 […]

          相続とは

          相続について  「相続」とは、死者の生前にもっていた財産上の権利義務(土地・建物などを使用したり賃貸したり、預貯金を運用や処分することなどです。)を他の者が包括的に承継(特定者のみが対象となる一身専属的なものを除きます。)することという定義があり、死者を「被相続人」、承継する者を「相続人」、承継され […]